絶対借りれる消費者金融

確実に借りるためには

確実に消費者金融やキャッシング会社でお金を借りるためには、各金融業者の審査基準を十分に把
握しておく必要があります。当然のように各金融業は審査基準が異なります。こちらの金融会社で
は審査に通っても、あちらの業者では落とされるケースも発生します。それは審査基準が異なるか
らです。

通常、大手銀行系の消費者金融は借り入れ件数が3件を超えていると審査には通りにくいとされて
います。また、年収の三分の一以上の借入がある場合も審査には通りません。大手は一番審査が厳
しいとされていますので、多重債務の方や無職といった方は回避されたほうが無難でしょう。

借り入れ件数が4件以上あるような方は、低金利の大手金融会社はあきらめて、
中小中堅の消費者金融をおススメします。中小といっても、大手と左程変わらない金利で貸し出し
ていますし、顧客獲得競争によってサービスも良好です。ただ、中小といってもピンからキリまで
ありますので、よくよく貸し出し条件を吟味して選びましょう。

借り入れ先がわからない方は、金融掲示板の口コミ情報を見るか、当サイトのおススメ金融情報な
どを見ると、自分に合った借入先がわかります。

審査に通る

消費者金融やキャッシング会社でお金を借りるためには、各金融会社の審査を通過しなければ融資
を受けることはできません。金融会社の審査基準は概ね、共通しておりますので、その審査基準を
理解していれば審査に落ちることはないでしょう。一度でも審査に落とされてしまうと、そのこと
が信用調査会社に載ってしまいますので、なるべく審査に落ちないようにしたほうが得策です。

審査基準

では審査基準とはどういったものなのか。まず第一の審査基準は、融資を申し込む当事者の収入で
す。きちんとした職業に就いて、一定の収入があることが条件となります。無職でキャッシングは
、クレジットカードの現金化以外では不可能です。

勤続年数も一年以上であったほうが有利となります。パートやアルバイトでも審査に通ることもあ
りますが、その場合は借入限度額が低く設定されてしまいます。公務員や大企業に勤務している人
などは信用度も高くなりますので、限度額も高くなります。

債務状況

そして次に重要なことは、現在の債務状況です。もしも現在、年収の三分の一以上の借入があるな
らば、総量規制の対象となりますので大手や中小の消費者金融では借りれません。また、過去に支
払いの遅延行為や債務整理をしてブラックリストに掲載されている人も、審査に落とされてしまい
ます。そういった方は、少々金利が高くなりますが、多重債務者やブラックを対象とした金融会社
を探せば借りれます。

口コミ情報を参考にする

キャッシングで大きなミスをしないコツは、金融関連の掲示板に書かれてある口コミ情報を参考に
することです。中には営業まがいの書き込みもありますが、体験談を記している口コミも多く書か
れています。

こういった口コミを参考にして借入先を選べば、大きなミスを回避することができるでしょう。

たとえば審査が甘い系のランキングサイト上位にあるカードローンなら、多重債務者向け融資の中
でも特に有利な金利を設定していますし、総量規制の対象外となるおまとめローンも取り扱ってい
ます。

ただし、おまとめローンについては、決して審査が甘いとはいえませんが、借り入れ件数4件以内
であれば問題なく審査に通ると思います。

過去五年以内に自己破産をしている方は、信用情報機関のブラックリストになっている可能性が高
いので、残念ながら審査に通りません。借入は諦めたほうが無難です。

0ご自分の借入件数に合った融資先を検索

理想とする消費者金融像

審査の甘さ 7.07.0 甘ければ甘いほど借りる側にしてみれば助かります。借入件数が4件程度までには対応していただきたい。
融資の早さ 6.96.9 大手や中小でも即日融資は当然のこと、最低でも二時間以内には対応いていただきたい。
借りやすさ 6.56.5 借りやすさ=審査の甘さ。とにかく激甘審査で、多重債務にも奮発してキャッシングをしていただきたい。
最大限度額 6.46.4 信用度が低いと10万円以内の小口融資になってしまいますが、子供の小遣いではない。最低でも30万円は対応していただきたい。
専業主婦 6.26.1 貸金業法改正で専業主婦への融資は規制されたものの、夫の承諾書があれば融資は可能です。
多重債務者 5.05.8 多重債務者への融資は貸す側としてもリスクがあるのは当然ですが、人として、人間として武士の情けで気前よくお金を貸して欲しい。

ATM

最終更新日 2017/10/3